皆さんは、ご自宅の水回りトラブルを自分で直した事はありますか?
今回は、東京や神奈川など関東一帯で水回りの修理の仕事を長年させていただいている私が、水道業者さんが使っている工具をいくつかご紹介させて頂きます。
そして、皆さんにも持っておいた方がいい、水回り修理の工具もいくつかご紹介させて頂きます。

水道業者が普段修理で使っている工具ってどんなものがあるの?

水道屋さんの必需品!水周りトラブルの修理に使っている工具って?
まず、一般的に、私たち水道業者が持っている工具とその用途について、いくつかご紹介させて頂きます。

プラスドライバーとマイナスドライバー

皆さん、知っている方がほとんどだと思いますが、プラスドライバーとマイナスドライバーは水道業者が仕事するにあたって必ずと言っていいほど使う工具です。
水道業者がよく使う用途としては、水道の止水栓をマイナスドライバーで締めたりします。これは止水栓のコックの形がマイナスドライバーの形になっているからです。
プラスドライバーは、皆さん大体想像つくかと思われますがビスやネジを締めるためによく使いますね。

ラバーカップ

以前トイレの記事を書いた際にも紹介したラバーカップは、ご家庭だけでなく水道修理を仕事にしている私たちにも欠かせない道具です。

関東の水道トラブルを解決!トイレが詰まった時の対応と対策


ラバーカップとは、通称、スッポンと呼ばれる工具で、主にトイレのつまり修理の時に使われる工具で和式便器や、洋式便器などでラバーカップの先端の形は変わりますが、基本的にどの便器にも使えるラバーカップもあります。

モンキーレンチ

皆さんはモンキーレンチという工具をご存知ですか?
モンキーレンチとはボルトやナットなどを占める工具で、締める物の大きさに合わせて調整できる便利なレンチの一種です。
主に水道業者が使う用途としましては、水道管の接続やトイレやウォシュレットなどのホースのナットを閉める時や蛇口を交換する時に使用します。

シールテープ

シールテープとは水道管や、空気感、またはガスなどの気体や液体が流れる配管の接合部に使用するシール材です。シールテープは、基本的に配管のネジ接合部分に使用し、接合部のわずかな隙間を埋めてくれて、漏れを防いでくれるものです。シールテープはあまり知っている人は少ないと思うので、プロならではの道具になりますね。

接着のり(エスロン)

接着のりとは、塩ビ配管を接続するのに必需品なものです。水道業者さんが使っている配管の種類は、主に水道管、下水配管です。
水道業者以外は、直接塩ビ配管に触る機会はないかと思いますが、水道業者さんは塩ビ配管を接着のりで接続しています。
接着のりを使用することによって、しっかりと接続されます。

パイプレンチ

パイプレンチとは、よく略称され水道業者の中ではパイレンと呼んでいます。パイレンの大きさですが、小さいものから大きいものまであります。
パイレンの使用用途は、主にネジ配管のネジ部分を締めたり緩めたりする時に配管に挟んで使用する工具です。
歯の部分が深い溝になっており、丸いパイプをしっかり挟むことができます。

パイプソー

パイプソーという工具は、塩ビ管を切断するために使われ、のこぎりのような形をした工具です。
水道業者さんは塩ビ管を切断する場合は普通の、のこぎりを使用せずにパイプソーをつかいます。

モーターレンチ

モーターレンチとは主に排水管の排水金具を締めたり緩めたりする時に使用しています。
排水管は水道管と違って修理するのに少し知識がいるので、万が一排水管からの水漏れやトラブルがありましたら水道業者を呼ぶことをお勧めします。

ご家庭にあると便利!水まわりのトラブル時に備えておきたい工具をご紹介

水道業者が使う道具はなんとなくわかっていただけたかと思うので、次はもしもの時にご家庭にあると修理に役立つ工具とそれぞれの使用用途をご紹介します。持っていると水回り修理の応急処置、あるいは自分で直せてしまうケースもあるかもしれませんからね。

プラスドライバー・マイナスドライバーなどドライバーのセット

すでに持っている人も多いかもしれませんが、水回りトラブルに役立つ工具ですので持っていない人はお近くのホームセンターなどでご購入されることをお勧めします。
使用用途としまして、万が一「トイレの水が止まらない」「キッチン洗面台の水が止まらなくなった」などの水回りトラブルの時に、水道業者が来るまでの間にプラスドライバーまたはマイナスドライバーで水道の止水栓を止めることができます。
水止まらず、溢れて床がビショビショにならずにすみますよね。
ちなみに、止水栓の締め方は「時計回りが閉めて反時計回りが開く」というのが一般的です。

モンキーレンチ

こちらも、先ほどご紹介させていただいたモンキーレンチです。
モンキーレンチも、プラスドライバーやマイナスドライバーと同じくホームセンターに売っています。モンキーレンチの使用用途は軽い水漏れ、例えばトイレの水道ホースからポタポタ水が漏れている時や洗面台の水道ホーズが滲んでいる時などに使用します。ポタポタ水が漏れている場合は、基本ネジの緩みによるものなので、モンキーレンチで閉めれば水漏れが止まるという事はよくある事です。

わざわざ水道業者を呼ばなくても、自分で直せてしまうケースも少なからずありますので、モンキーレンチは是非持っておくことをお勧めします。

ラバーカップ

ラバーカップも先ほどご紹介させていただいた工具なのですが、主に、トイレのつまりを修理するために必要な工具です。
使用方法としまして、まずラバーカップを便器の排水くちにゆっくり押し付けます。そして、ゆっくり押し付けて下さい。この時になるべく強く押し付けることを意識して下さい。
そして、引っ張ります。そうすることによって、便器を外したりすることなく、詰まりを解消できるケースがあります。ちなみに、一度でつまりが解消されなかった場合は複数回試してみて下さい。
もしかしたら、水道業者さんをわざわざ呼ばなくても自分で詰まりを解消させることが出来るかもしれません。
もし、つまりが解消されなかった場合は、諦めて水道業者さんを呼びましょう。
ラバーカップもホームセンターにたくさんありますので、お近くのホームセンターでご購入されることをおすすめします。

水道業者の必需品、もしもの時にご家庭に用意しておいても◎

今回は、水道業者さんが実際に使っている工具と、ご家庭に持っておきたい工具をいくつかご紹介させて頂きました。
なかなかホームセンターでは売っていないような工具までご紹介させて頂きました。
水道業者は主に、工具や材料は専門のお店や会社から仕入れていますから、初めて聞く名前の工具もあったのではないでしょうか?

先ほどご家庭に持っておきたい工具としてご紹介させて頂きました、プラスドライバーとマイナスドライバー。そしてモンキーレンチとラバーカップの相場のお値段をご紹介します。

  • プラスドライバー 500円〜1,500円
  • マイナスドライバー 500円〜1,500円
  • モンキーレンチ 2,000円〜3,000円
  • ラバーカップ 3,000円〜5,000円

以上が大体の相場の金額になります。
少し高いものもありますが、もし水道業者さんを呼ばずに自分で直せたら水道業者さんを呼んでいた場合の工事費用などよりは安くすむのではないでしょうか?
「水回りを自分で直した」なんて話もよく聞くので、誰でも直せる水回り修理も多々ありますのでこの際に水回り修理セットとしてご購入されてみるのもいいかもしれませんね。