賃貸物件に住んでいて水道トラブルが起きた場合、水回り修理って費用は誰が払うのでしょうか?
借り主であるあなた自身が負担?それとも、大家さんや管理会社が払ってくれるのでしょうか?
今回は賃貸物件での水道トラブルによって、水回りを修理した場合に工事費用は誰が負担するのか。
もし、大家さんや管理会社が負担してくれる場合、借り主側で何かすることはあるのかと言うことをご紹介させて頂きます。

賃貸物件での水道トラブルってどんな時?

賃貸物件で水道トラブル!修理にかかった費用は借り主がすべて負担するの?
まず賃貸物件での水道トラブルとは、一体どんな事なのでしょうか?
東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県など関東を中心に水道修理をしてきた私が見てきた例で言いますと、
「お風呂の水が出てこない」
「トイレがつまった」
「キッチンの水が出てこない」
など、いろいろなトラブルが想定されます。

賃貸物件で水道トラブルが起きた時にする事

賃貸物件で水道トラブルが起きた時に大家さんか管理会社に連絡し相談することが一般的です。
もし、直接水道業者に連絡して自分で直した場合、その費用は借り主負担になってしまう可能性があります。
ですので、水道トラブルが起きた場合は、必ず一度大家さんか管理会社の方に連絡・相談を行って下さい。
賃貸物件ですので、部屋を貸している側は常に部屋に設備をしっかりと整備しておかないといけません。
ですので、基本的に賃貸物件での水道トラブルは借り主であるあなたが工事費用を負担する必要はありません。
(賃貸契約の時に契約内容によっては、借り主側が負担する場合もあります。)

緊急事態の水道トラブルの場合

万が一、水道管が破裂して床まで水浸しになっている……マンションやアパートの場合、このままでは下の階に水漏れしてしまう可能性も。
そう言った場合、一刻も早く水漏れを直す必要があるので、大家さんや管理会社に連絡するより直接水道業者に連絡した方が良いでしょう。
もちろんその後に、大家さんや管理会社に連絡するのも忘れないようにしてください。
自分で水道業者を呼んだら工事費用は借り主負担になってしまうの?と思うかもしれませんが、こうした緊急事態の場合はきちんと説明をすれば大家さんや管理会社も理解してくれるはずです。

自分の部屋の水漏れによって下の階にも浸水したら

自分の部屋の水漏れが原因でマンションや、アパートの下の階の部屋にも水が浸水した場合は深刻な問題になる場合も。
水漏れで他の家庭の家電が故障させてしまった場合は、弁済の義務が発生します。
故障の度合いによりますが総額で数十万円の支払いを要求される場合もありますので、決して水漏れを甘く見てはいけません。
こうした場合に備えて、保険にも入っておくことをお勧めします。

大家さんや管理会社が費用を払ってくれない場合は

大家さんや管理会社が工事費用を払ってくれない時ってあるの?と疑問に思っている人をいるかもしれませんが、基本的には払ってくれます。
ですが、借り主側が払わなければいけない場合もあります。
それは、キッチンに蛇口・お風呂のシャワー・トイレの便座など水回りの器具をご自身で壊してしまった場合です。
故意でなくても自分で壊してしまったら一般的に借り主側負担となります。
水道トラブルによる水漏れの費用をどちらが払うのかというと、結果的に「水漏れした原因」がキーポイントになります。
水回りの多くの原因は、器具の劣化によるもので長く使っていると、劣化するのも当たり前です。
そう言った場合はもちろん、大家さんや管理会社が払ってくれます。
逆に、自分自身が物をぶつけてしまったとか故意ではないけど壊してしまったという原因での水漏れは借り主負担になる可能性が高いです。
ですがこの場合は「自分で壊してしまったから仕方ない」と諦めましょう。

水漏れの修理費用って大体いくらかかるもの?

水漏れの修理費用って一体いくらかかるのでしょうか。
自分で払わなくても、大体の相場は知っておくといいかもしれませんね。
もちろん水道業者によって金額は違いますが、大体の相場をご紹介させて頂きます。

  • キッチンや洗面台の蛇口からの水漏れ:4,000円~30,000円
  • キッチンや洗面台の蛇口の交換:10,000~30,000円
  • 排水管や水道管の修理:5,000円~50,000円
  • トイレのつまり:3,000円~15,000円

ちなみに、水漏れにより壁や床にも被害が出た場合は、金額はその分増額すると考えておいた方が良いでしょう。

もし水道トラブルによる水漏れの被害者になってしまったら

もし、賃貸物件でマンションやアパートに住んでいて、上の階から水が漏れてきて自分の部屋が水でビショビショになってしまったら…
なんて事、想像もしたくありませんが賃貸物件に住んでいる以上もしかしたら起きることがあるかもしれません。
そんな場合にするべき行動をいくつかご紹介しますね。

まず初めに、大家さんや管理会社にすぐ連絡・相談しましょう。
すぐに管理会社が水漏れの原因の調査を開始してくれるはずです。

次に、自分の家具・家電が故障していないか確認しましょう。
水漏れ被害による損害は、加害者に請求することができます。
ただし、トラブルを防ぐために、最初から最後まで管理会社や大家さんに間に入ってもらい、円滑に話を進めて下さい。
もし、トラブルになってしまったら、最悪の場合加害者からお金がもらえず壊れた家電の買い替え費用は自分で負担することになる可能性も。そういった事態を避けるためにも仲介人として管理会社や大家さんに入ってもらう事は、非常に大切です。

日頃から水回りの掃除・点検を行って

今回は、賃貸物件での水道トラブルによる水漏れの修理の工事費用についてご紹介しました。

まず初めにする事は、大家さんや管理会社にすぐ連絡・相談をして、状況を説明し修理を依頼する事ですね。
緊急の場合はご自身が直接水道業者さんに連絡しても良いのですが、その後に必ず大家さんや管理会社さんに連絡しましょう。

マンションやアパートで自分の部屋の水漏れにより、下の階の部屋に水漏れ被害が出た場合は、家具家電の弁済を行わなければいけない場合があるので、万が一に備えてご自身の保険加入について確認してみましょう。

もし、水道トラブルによる水漏れの被害者になってしまった場合は、すぐに大家さんや管理会社に連絡しましょう。
その後、管理者に水漏れの原因の調査をしてもらいましょう。
また、ご自身の家具家電が故障していないか確認し、被害があった場合は請求せざるを得ませんので、大家さんや管理会社に間に入ってもらい加害者と円滑に話を進めましょう。

水周りのトラブルは、生活していく上で切っても切れないものです。
一番は水まわりのトラブルが起きないことですが、いつ水回りのトラブルによる水漏れが起きるか分からないので、日頃から水回りの掃除・点検を行うことが大事ですね。
今一度、ご自宅の水回りを見て回ってはいかがでしょうか。
もしチェックしてどこか劣化していたら、水漏れする前に管理会社や大家さんに相談してみるのもいいかもしれません。