皆さんは、自宅などで「下水道がつまった」「グリストラップがつまった」「外のマスがつまっている」と言った経験はありますか?
今回は、東京や神奈川、千葉など関東で水周りの修理を担当しているニコニコ水道が、グリストラップやマスのつまりの原因や、ご自身でできるつまった時の対処法や日々のメンテナンスをご紹介します。

マスやグリストラップって何?

マスとは

下水周りのトラブルに!グリストラップつまりやマス詰まりが起こった時の対処法

マスとは、下水配管の曲がり部分や、途中部分、つまり排水管のつまりやすい部分に設けられる設備です。
住宅内の水回りから出る雑俳や汚水などが排水管を通して下水本管へ流していく途中に設けられています。地面に丸いマスや四角といった形をしたマスをみたことありませんか?
マスの役割は、排水管を点検・清掃・排水管がつまった際に修理するという役割を持っています。
最近では塩ビマスと呼ばれる塩化ビニール素材のマスが主流になっていますが、昔はコンクリートマスが一般的でした。塩ビマスはコンクリートマスに比べて耐久力がすぐれ、劣化もコンクリートマスと比べると格段に防ぐ事ができます。
昔のお家では、コンクリートマスから塩ビマスに取り替え工事をしている人も少なくありません。

グリストラップとは?

グリストラップとは、一般的に住宅のキッチンの排水配管や、お店の厨房の排水配管に設けられます。
グリストラップの構造は、中で3つの槽に分けられています。
・第1槽
厨房やキッチンの排水に混ざっている生ゴミや残飯と言った大きなゴミをバケットで受け止めます。細かいゴミなどは、底に沈殿させ、排水管へ流れないようになっています。
・第2槽
油脂など、主に油を水面に浮き上がらせ油脂を他の排水と分解させます。
・第3槽
生ゴミ、残飯、油脂などが分解された排水を排水管へ流します。
つまり、グリストラップの役割は、油脂や残飯・野菜クズを分離して排水管をつまらせず、下水管に流れないようにするために一時的に溜めておく役割を持っています。ゴミ受けをしてくれるという事ですね。定期的にグリストラップの掃除、メンテナンスを行うようにしましょう。グリストラップを掃除しないと、悪臭や害虫が発生したり、油脂やゴミなどが溜まりすぎると、あふれ出し、排水管のつまり、逆流という事にもなりかねます。3ヶ月に1回は掃除すると良いでしょう。

つまる原因って?よくあるつまる原因

排水がつまる原因ってなんでしょう?
つまる経験がある人の方が少ないと思いますので、今回はよくある代表的な例を4つご紹介させて頂きます。

木の根

排水管とは地面の中に埋まっているものですので木の根が排水管を割って入ってくる、ひび割れなどから排水管の中に侵入してくる事があります。
木の根はとても強固で汚物や排水物を詰まらせる原因になります。
木の根は切っても、また伸びてくるので、完全に除去しなければいけません。

土や砂利

排水管の中に土や砂利が入る事は排水管が老朽化してくると、よくある事なのです。マスの蓋の隙間から侵入してきたり、排水管のひび割れなどから侵入してくる事があります。土や砂利は重たく、生活排水の水では流れにくく、つまりの原因になる事があります。

生活排水のゴミだまり

生活排水のゴミと言うのは、汚物であったり、トイレットペーパー、髪の毛、その他のゴミを表しています。大量のゴミを一度に流してしまうと、流れきらず、排水管の中に留まってしまい、つまる原因になります。定期的にマスの点検、掃除をオススメします。

マスのひび割れ

マスも排水管も老朽化してくるとひび割れする時があります。ひび割れから、先ほど紹介した、木の根、土や砂利などが侵入してつまる原因になります。
こちらも定期的な点検が必要ですね。

つまった時の対処法って!?

もし排水管やマス、グリストラップがつまってしまった時に、水道業者を呼ぶ前に自分で直せるかもしれない修理方法を手順に沿ってご紹介させて頂きます。
是非参考にしてみてください。

つまっているところを見つける

まず、1番上流側のマスを開けてください。つまっていると、マスの中に水が溜まっている状態になります。そのまま2番目、3番目と、だんだん下流川に向かってマスを点検していきます。最終的に水の溜まっていないマスを見つけてください。例えば、3番目のマスに水が溜まっていて、4番目のマスに水が溜まっていなかったら3番目のマスと4番目のマスとの間につまりが発生していると言うことになります。

つまり修理に必要な工具

・マイナスドライバー
マイナスドライバーは、マスの蓋を開ける時に必要になります。
ホームセンターなどに売っています。
大体500円〜1,000円くらいが相場です。
・高圧洗浄機
もし、高圧洗浄機があれば直接、排水管の中を洗浄できる事ができます。
なくても全然問題ありませんので、無理に購入する必要はありません。
・水道ホース
つまりを解消した後に、排水管内を洗浄するために使います。
・パイプクリーナーワイヤー
パイプクリーナーワイヤーでつまりの原因を除去するのに使用します。
お近くのホームセンターでご購入することをオススメします。
大体4,000円から10,000円くらいが相場です。
・ゴム手袋
マスやグリストラップの中にはバイ菌、害虫がたくさんいます。
排水管の中は、非常に汚いですので素手で触ったりしないように、しっかり手袋をつけてください。

・ビニール袋
つまりの原因を摘出する際に必要です。
最後に、しっかり密封して捨ててください。

つまりの原因を除去する

つまりの原因を除去する時は、パイプクリーナーワイヤーを使います。
先ほどもご紹介しましたが、パイプクリーナーワイヤーはホームセンターなどに売っていますので一家に1台持っていると良いかもしれません。
実際につまりを除去していくのですが、つまっている場所の下流側からマスから排水管へワイヤーを挿入していきます。
当たってもうワイヤーが進まないところまで、ワイヤーを挿入したら、レバーを回します。10回転から20回転を目安に回してください。
ワイヤーがつまりの原因を分解、または、ひっかけてつまり原因を摘出する事ができます。
1度でつまりが解消されない場合もありますので、何度か試してみてください。

水道ホースでマスを洗う

最後に、マスから水を流し、マスと排水管を洗浄したら、終わりです。
何個かマスがあると思いますので、全てのマスから水を流すことによって排水管の中も洗浄できるのでオススメです。
または、1番上流側のマスから、しばらく水を流し続けても構いません。
必ず、水で洗浄を行ってください。

水道業者に依頼した方がいいケース

自分で直したいが、直せない。
手に負えないレベルだと思った時は、水道業者に修理依頼をしてください。
よくある、排水管、マス、グリストラップの水道業者の修理例をいくつかご紹介します。

マスに亀裂が入っている

マスに亀裂が入っているのを発見した場合は、すぐに水道業者に修理依頼を行ってください。亀裂から土や砂利、木の根などが侵入し、つまる原因になってしまいます。もし、土や砂利で、すでにつまっていた場合は、マスや排水管に亀裂が入っていたり、ひび割れしている可能性が高いと思われます。
ですので、少しでも早く水道業者にマスの交換をお願いしてください。

異臭がする

異臭がすると言う事は、必ずどこかでマスやグリストラップ、排水管がつまっている可能性があります。
異臭がするレベルになると、かなりの量のつまりが予想されます。最悪の場合、どこかのマスやグリストラップから排水が溢れ出していると言う可能性もあります。そうなった場合、排水管やマスを、1度切断、再接続などと言う専門的な知識と工具が必要になってくる事が予想されますので、直ちに、水道業者に修理依頼を行うことをオススメします。

土や木の根が入り込んでいる

土や木の根が入り込んでいると、確実に、マスやグリストラップの交換になります。
交換作業は、水道業者さんのような本職の人たちでないと、直す事が難しいです。
自分で応急処置をしたから大丈夫と言って放置しても木の根は成長して伸びてきますので、確実に除去するためにも水道業者さんに修理依頼を行うことをオススメします。

つまりがどうしても解消されない

「つまりがどうしても解消されない。」「そもそもどこがつまっているか分からない。」「つまっている場所はわかっているけどどうしてもつまりが解消されない。」という時は諦めて水道業者に修理依頼を行いましょう。
水道業者でもつまりの原因を突き止めるのに時間がかかったり、修理に手間取ってしまう、難しい修理も稀にあります。
自分で頑張り続けるよりも、あっさり水道業者に修理依頼をした方が時間的に早く問題解決するかもしれませんね。

マスやグリストラップつまりを水道業者に修理依頼した際の相場

マスやグリストラップのつまり修理の費用の相場をご紹介します。
もちろん、業者や修理内容によって多少は違いますので、ご了承ください。

    • マス・グリストラップつまり 5,000円〜30,000円
    • マス・グリストラップ清掃  5,000円〜20,000円
    • 排水管交換 15,000円〜40,000円
    • マス・グリストラップ交換 30,000円〜50,000円

つまりにくくするための予防策

皆さん、できることならつまって水道業者に修理依頼をお願いしたり、自分で修理したりするなんて事、したくありませんよね?
普段からつまりにくくする予防策を簡単ですが、ご紹介します。

マスのメンテナンス

マスのメンテナンスとは、マスやグリストラップに亀裂が入っていないか。
またはつまっていないか、水が溜まっていないかなど各マスやグリストラップをチェックしてください。最低でも半年に1度は確認すると良いでしょう。

マスの清掃方法

まず初めにマイナスドライバーでマスの蓋を開けます。
次に、マスやグリストラップに付着しているゴミ、汚れを網ですくいます。固形物などが付着している時は、ワイヤーブラシを使用し、汚れを落としてください。
マスの蓋が入るところもしっかりゴミを除去しておきましょう。マスの蓋からゴミや水が入る事があります。しっかりと掃除しましょう。
最後にマスを水で洗浄してください。
それとできれば40度〜45度のお湯で排水管内を熱湯消毒してあげてください。
水では落とし切れない汚れを落とす事ができます。
ただし45度以上のお湯は排水管が割れてしまったり壊れてしまったりする恐れがあります。排水管は耐熱耐久が低い事が理由です。
こまめに、日頃からマスやグリストラップを掃除するだけで、つまる可能性は格段に下がります。
面倒な事なのですが、半年に1度の日課にできるように心がけましょう。

まとめ

今回は、家などの、外のマス、グリストラップ、排水管がつまる原因と対処法、予防策をご紹介しました。
つまってしまった時は、この記事を参考にして自分で直せるか一度様子を見てみるといいでしょう。ですが、1番の対処方法は「日頃からの掃除や、メンテナンスをしっかりする」これに尽きますね。掃除をしっかりしていれば、つまる事はほとんどありません。
マスやグリストラップがつまってしまうと水まわりが使えなくなったり、異臭などで、近隣の住人ともトラブルになりかねないので、つまらないに越した事はありませんね。
万が一、つまってしまった時も自分で直す事ができないといって放置する事はやめましょう。
下水のつまりは放って置いたら直るという事は絶対にありませんから、すぐに水道業者に修理してもらいましょう。