水回りのトラブルが起きた際に正しい対処はできていますか?間違った対策をすると状況を悪化させることも。
こちらでは東京・神奈川・千葉・埼玉などの関東地方で多い水周りのトラブル、中でもトイレや洗面所で起こるトラブルの原因と対処方法を徹底解説!
これを読めば水回りのトラブルに関する悩みが解決します。

トイレ・洗面所で起こるトラブルの原因と対策

トイレ・洗面所で起こるトラブルの原因と対策
都内を中心に首都圏で水道関係に携わっていると、やはりトイレの詰まりの依頼がとても多く感じます。水回りのトラブルの中で最も頻発するトイレ・洗面所に関する問題ですが、様々な誘因が重なって起こる場合も多く、知識がないと対処できないこともあります。

しかしながら、日常生活で必ず使用する場所である為、出来る事なら原因を追求して早急に対処したいですよね。

そのためには、起こり得る原因を理解しなくてはなりません。
一見同じように見える現象でも原因によって対処法が変わるのは水回りのトラブルの大きな特徴です。

配管にトイレットペーパーなどの異物が混入し詰まっている

配管にトイレットペーパーなどの異物が混入し詰まっている
トイレ、洗面所で頻発する「詰まり」問題。トイレを流そうとしたら詰まって流れなかったという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

詰まりの原因は複数ありますが、配管に吸収できないほどのトイレットペーパーを流すことや他の紙類を使用して詰まることが最も多いです。

その他、固形物を落としてしまって気づかずに流してしまった、原因が分からず詰まったなどがあります。
全て、結果としては配管が詰まっているという状態ですが原因が異なりますね。

いくつか解決策を提示しますので、該当する原因に対応している方法を試してみて下さい。

勢いよく便器に水を流す

この方法は、便器の水量を可能な限り減らしてから行います。そして、対応するのはトイレットペーパーを流しすぎてしまった場合・その他の紙類を流そうとして詰まった場合です。

固形物や流れてはいけないものを流してしまい詰まった場合は該当しない点に注意して下さい。

ポイントは、排水口を狙って可能な限り強く水を流すこと!

勢いが弱いとペーパーを奥に押すことができず、さらに水が溜まってしまいます。すでに便器内に水が溜まっている場合は、1度小さいバケツなどで水を取り除きましょう。

便器内の水が少ない方が流れを作りやすくなる為です。

ワイヤーを使用してつまりを解消

あまり知られてはいませんが、専用のワイヤーを使用して詰まりを取り除くことが可能です。大型のショッピングモールや通販でも購入できますので、いざというときに使用できるように事前に購入しておきたいアイテムの1つ。

ワイヤーを使用するケースとしては、大事なものを間違って流してしまった場合や、目に見える範囲外で詰まりがあると想定される場合です。

形状は様々ですが、多くのワイヤーは先端が曲がっており便器の排水口内部まで届くようになっています。最も手前にあるペーパー類を押しよけながらワイヤーを奥に進め、該当するものに先端が当たったら絡めとるように手前に引きます。

それでも流れないようならさらに奥の方で詰まりが生じていることが考えられます。その場合は、自身でいじるより専門業者を呼び修理の依頼をしてください。

薬品を使用して溶かす

詰まりを解決する方法は、原因となるものを押す・すくいとること以外に溶かすという技を使うこともできます。

主に使用する物は重曹とお酢です。
重曹は頑固な黒ずみや、しみを取り除くのに使用することもできますので揃えておくと良いですね。

この2つを混ぜるとシュワシュワした泡が立ちます。この泡はものを分解する作用をもち、ペーパー類であれば簡単に溶かすことが出来ます。

使用する場合は手袋を装着し、もしあればゴーグルをかけてから行ってください。

また、濃度を高めるためにこの際も可能な限り便器内の水を取り除いてから行うとより効果的ですよ。この方法は、詰まりの原因が髪の毛や紙類である場合は洗面所の排水口にもお使い頂けます。

ラバーカップを使用する

ラバーカップを使用する
この方法は最も一般的に使用される方法です。

デパートのトイレに置いてあることがある黒いゴム状の製品のことで、1度は目にしたことがあるかと思います。使用したことがある方はお分かりかと思いますが、行ってみると1度では上手くいかないこともしばしばありますよね。

ラバーカップもただ便器に押し当てれば良いというわけではなくコツがあります。

それは、排水口に垂直に押し当てるということ!

なるべく余分な空気が入らないように押し当てるという意識です。流れるまで繰り返し行ってみてください。

悪臭を放っている

悪臭を放っている
「トイレや洗面所から悪臭がする」という経験はありませんか?
その原因は、カビ臭かもしれません。
トイレのタンクや洗面所の排水口に詰まっているもの、もしくは水に雑菌が繁殖し臭いを発しているのです。

湿気の多い場所ではこのような現象が発生しやすいのです。

例えば、雨で濡れた傘をそのまま袋に入れっぱなしにしていると鼻をつく臭いがしますよね。

悪臭の対策としておすすめなのが重曹です。重曹には雑菌の繁殖を抑える作用がありますので該当する場所にかけて、しばらくおいてから流します。その他、臭いの発生原因として掃除が行き届いていないという可能性があります。

しっかり掃除しているはずなのに臭うという場合は、壁や床・床と便器の境目など忘れがちな部分を磨いてみてください。

掃除をした後は、臭いを発生しにくくするためにトイレ用の消臭剤やタンク上に置く式の消臭剤を購入しておくと対策ができます。ドラッグストアや通販で簡単に購入できるので使用してみてください。

換気できない・異音がする

トイレ内の換気扇に関する問題を経験したという方も少なくないですよね。状況としては、換気扇としての機能を果たしていない・異音がするという2つが考えられます。

換気扇としての機能を果たしていない状況,つまり、臭いが残っている場合はファンに埃が詰まっているケースが最も多いです。

トイレ内の換気扇は、1度も取り外したことがないという方も多いのではないでしょうか。

よくみると埃が付着しているという場合は掃除をしなくてはいけないタイミングです。ただ柄のついたモップなどで埃を絡めとるのも良いですが、専門的な業者に依頼することを検討することをおすすめします。

人によっては椅子を設置して自身で行う方もいらっしゃいますが落下のリスクがありますので推奨できません。もし、ご自身で行う場合はマスク・手袋を着用の上で行ってください。

次に換気扇から異音がする場合です。

この場合も埃が詰まっていることが原因である可能性が高いですが機能不良の可能性も否定できません。

音で埃の詰まりによるものか機能不良かを判断するのは難しいため、埃を取れるだけ取ってみてそれでも状況に変化がないようなら業者に依頼してください。

どうしても解決できない時は

水回りのトラブルは原因が明らかとなっているものと、思い当たる節がないものの2パターンあります。

ご自身で行うことできる範囲であれば良いのですが、トイレ内の換気扇の取り外しやと大事なものがトイレに流れてしまった場合などは専門知識のある業者に依頼して対処してもらうのが得策でしょう。

24時間対応で活動している業者もありますので緊急時に焦らないよう、あらかじめ電話番号をメモしておく・近くの業者を調べておくなどしてくとスムースに対応ができますね。

水回りのトラブルを発生させない為に

水回りのトラブルを発生させない為に
水まわりのトラブルはいつ起こるか予測がつきません。だからこそ問題が発生する前に対策をしておく必要性があります。

定期的に手入れをすることや排水口の詰まりを解消するためのグッズを準備しておくなど事前にできる対策方法はたくさんありますよね。

中にはこのような事態を想定し重曹やラバーカップの準備をすることで、実際に詰まりに遭遇した際に対処をすることができたという方もいます。

事前にある程度対策をしておくのがおすすめ

事前にある程度対策をしておくのがおすすめ
トイレ内や洗面所で起こるトラブルは事前に準備をしておくことである程度対策をすることができます。

原因はさまざまですが、状況に応じた対策を理解しておくだけでも実際にトラブルに遭遇した際、焦らずに対応することが可能になります。

自身で行う事が出来そうなことでも危険だと思ったらすぐにやめて専門の業者に依頼をしてください。そうすることで状況を悪化させてしまう・怪我をするなどのリスクを未然に防ぐことができます。