都内を中心に関東地方で水道関係の仕事をしていると前回のトイレ・洗面所に次いで依頼が多いのがキッチンやお風呂周りです。毎日使う箇所だからこそ配管の詰まりから器具の劣化などさまざまなトラブルになりやすい箇所なので、東京や神奈川、埼玉県、千葉県など関東近郊の地域でもよく依頼が来ます。
ですが、キッチンやお風呂でのトラブル対処は事前に知っておくことで焦らずに対応できます。
この記事ではキッチン・お風呂で起こる様々なトラブルに対する正しい対応をお伝えします。これを読めば水回りのトラブルは怖くありません。

キッチン・お風呂で起こるトラブルの原因と対策は?

キッチン・お風呂で起こるトラブルの原因と対策は?
キッチンやお風呂で起こるトラブルは突如訪れるものです。
原因別に対策方法と持っておくと便利な用具をご紹介します。

水の流れが悪い場合は排水溝に何かあることが原因かも

この場合、原因として考えられるのは、排水溝内に異物または髪の毛・食べかすが溜まっていることです。

キッチンであれば、排水溝に食べかすが蓄積すると流れなくなるという経験はほとんどの方があるかと思いますが、取り除いても詰まっている場合は排水溝の奥に異物が混入している可能性を考える必要性があります。

排水溝内部を覗いてみて目に見える位置にあるのであれば、柄の長いスプーンや針金ですくいあげることが出来ますが、逆に押し込んでしまう場合もあるため注意しながら行わなくてはなりません。

状況は様々ですが、比較的大きな野菜のくずが挟まっているケースも頻発します。

スプーンですくえそうにない場合は、重曹とお酢やクエン酸を混ぜたシュワシュワの泡で溶かすというのも1つの手段です。この方法は目に見える範囲に異物がない場合でも使用できるため、事前に準備しておきたい用品ですね。

それでも改善されない場合は、溶けない固形物が排水溝の奥に詰まっていることが想定できるため専門業者へ修理を依頼をしてください。

排水溝が臭う…その悪臭は水が下水から逆流が原因かも

キッチンやお風呂場で起こるトラブルで頻発するものの1つに悪臭があります。掃除をしているのに臭い・排水溝の奥の方から臭っている場合の多くは下水から水が逆流している可能性を考えなくてはなりません。

通常であれば逆流してこないように内部の奥に蓋があるのですが、この機能が破損している場合は逆流するので悪臭を放つ原因となります。

市販で購入できるパイプユニッシュや重曹とお酢をまぜたものをかけてみても状況が好転しないようであれば業者に依頼をかけましょう。

自身で行う対策としては、排水管補修テープを使用して破損している部分を補填することもできますが簡単ではありません。間違っても、むやみやたらに柄の長い棒を奥に突っ込むという事は控えて下さい。パイプを傷つける原因になります。そのため、手軽にできる方法としてアルミホイルボールをつくり入れておく・10円玉を入れておく方法がおすすめです。

これらの方法は対処法というよりは事前の対策です。

アルミと水を組み合わせることにより化学反応を起こし抗菌効果の高いイオンを発生させます。
排水溝のゴミ受けにいれておくと効果を発揮します。

また、10円玉も同様にゴミ受けにいれておくと消臭効果を発揮します。

ただ、これらを行う注意点としては排水溝に落としてはいけないということがあります。詰まりの原因になってしまいます。

蛇口から水が漏れているのは、栓の緩みや蛇口のサビが原因かも

水道や浴槽の蛇口・シャワーなどからの水漏れに関するトラブルも頻発します。日常的にお手入れをしていても栓が緩くなる・蛇口がさび付いて締まりにくくなるなどの現象は想定しておかなければなりません。

ごく一部の破損であれば、防水テープを巻くことによって対策が可能ですが防ぐことのできない水漏れであれば業者に依頼してみてもらう必要性があります。

また、蛇口をしっかり締めたつもりでも十分に締まってない場合もありますので確認してください。

自身で行いたいという方は、バブルカートリッジやパッキンの交換を自身で行うことも可能ですが間違えて対応しないものを選択しないように注意して下さい。

バブルカートリッジを交換する場合は、まずメーカーと型番を調べる必要性があります。ホームセンターで購入することも可能ですが、間違えたくないという方はメーカーに電話して直接確認する方法をおすすめします。

バブルカードリッジは特別な工具を必要とせずに着脱することができます。古いのを取り外し、対応する新しいものを装着すれば大丈夫です。

パッキンは水漏れを防止するためのゴムのことを指しますが、ゴムを交換する為には1度水栓を分解する必要性があります。細かいネジ類は全てドライバーを使用して緩め、ハンドルを取り外します。

取り付けは逆のことをすれば良いのですが細かい部品や工具をするという面で苦手意識のある方は業者に依頼したほうがスムースかもしれません。

異音がする?内部の物の詰まりや器具自体から発生しているのかも

異音が発生するケースはキッチンに多いのですが、使えなくはないので見逃すという方が多いのが現状です。

しかしながら、放置したままにしておくと内部の故障や水漏れに繋がる可能性もあります。そうなると修理代もかかりますので「おかしいな」と思ったら早急に対応するようにしましょう。

音がする原因としては、内部に物が詰まっている場合と器具自体から発生している場合があります。ただ、音だけで詰まっているのか故障であるかの判断することは難しいため、詰まっている可能性を想定してパイプユニッシュや重曹を用いてみても良いと思います。

また、元栓を現状より締めて水量を減らすことで音が減少する場合もあります。大元の改善にはなりませんが、一時的な対策としては有効な手段ですね。修理まで時間を要する場合は、その間その方法を取ることもできます。

水回りのトラブルを発生させない為に

水回りのトラブルを発生させない為に

水回りのトラブルは対処しても発生を完全に防ぐということは難しいですが発生率を下げることは可能です。市販で購入できる重曹やお酢(クエン酸)、パイプユニッシュなどは最低限準備しておくと良いでしょう。また、薬剤を使用する場合の安全対策としてマスク・軍手・ゴーグルなども揃えておくと役に立ちます。ホームセンターに行けば、それらをまとめて揃えることができますので参考にしてください。

日常的にお手入れすることは非常に大切なことですが、パイプの奥の破損や栓の緩みなどは自身で対処することが非常に難しいため、専門的な業者に依頼するようにしてください。一戸建て住宅にお住まいの方であれば依頼先は専門業者ですが、マンションやアパートにお住まいの方は大家さんに相談してみるという手もあります。故意的に壊してしまったという理由でなければ、管理費用から負担してくださる場合があります。

物件の築年数が長いほど故障の発生率が高いですが、比較的新しい物件においてもトラブルが発生する可能性がありますので、大家さんの連絡先やお近くの修理会社の連絡先をメモしておくなどして故障時に備えましょう。

水回りのトラブルの修理にはどのくらいの費用がかかるの?

気になるのが費用の問題ですよね。頻繁に発生するものではないため相場が分からないという方も多いのではないでしょうか。まず、排水溝の詰まりが固形物や食材など取り除きやすいものであれば相場は10,000円以内となります。

しかし、詰まっている原因が排水溝内部に問題があった場合やサビが固まっている場合は洗浄代金が別途加算されるなど高額になってしまいます。その場合は15,000~30,000円を想定してください。

悪臭や異音に対する修理代金も同様にパイプの奥まで洗浄する必要性があればお値段がかかります。

出来るだけ安く済ませたいという方は業者によっては見積もりを無料で行っているところがありますので、複数の箇所に問い合わせてみるのも1つの手ですね。もちろん緊急性のあるものに関しては早めに関東地方の専門業者に依頼されることをおすすめします。